TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

Raspberry Pi Pico を搭載した分割キーボード Lunakey Pico がリリースされました

f:id:TALPKEYBOARD:20211012115624j:plain

先ほど Raspberry Pi Picoを採用した左右分割型40%キーボードの Lunakey Pico がリリースされました。@yoichiro さん設計し開発された Lunakey Pico は Lunakey Mini のキーレイアウトを踏襲したデザインとなっています。

 

Lunakey Mini との一番の大きな違いは、マイコンに Raspberry Pi Pico を搭載している事です。Raspberry Pi Pico を搭載した自作キーボードキットの販売は、もしかして初めてではないでしょうか(当店で Gherkin for the Raspberry Pi Pico を販売していますが、これは基板単体での販売ですので)

 

またGherkin for the Raspberry Pi Pico は30キーと、実用で使うには少しキー数が不足してしまうのが弱点でしたが Lunakey Pico は44キーと、業務にも充分使うことが可能です。

 

ビルドガイドはとてもていねいに書かれています。ハードウェアの組み立て部分だけでなく、今回キットを制作される方々にとって、もっとも不安なファームウェアの書き込みについても、詳しく記されていて安心です。教科書のように丁寧でほんとうにわかりやすいです。

 

Raspberry Pi Pico を搭載した使える分割キーボードの Lunakey Pico、ぜひ皆さんチェックしていただけると幸いです。Boothにて販売中です。