TALPKEYBOARD BLOG

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALPKEYBOARD BLOGでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、当店の独断と偏見で記してゆきます。

【自作キーボード用工具】VESSEL 3500E-2 (ワイヤストリッパー)

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー No.3500E-2

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー No.3500E-2

  • メディア: Tools & Hardware

 

 

 

 

今回のおすすめは VESSEL 3500E-2 ワイヤストリッパーです。何だろうこれはという方に説明しますと、被覆のついたワイヤーを切ったり、被覆をはがしたりするための工具です。ワイヤーを切る場所と、ワイヤーのサイズ別に被覆だけをうまくはがす場所があり、ほんときれいにはがすことができるのです。

自作キーボードでの登場場面を考えると、一般的なキットだと、キースイッチとダイオード、ProMicroとジャック、LED、リセットスイッチを基板にはんだづけするだけなので、ワイヤー使う機会はないと思います。キットを改造したり、運悪く基板を熱で壊してしまいジャンパー線をつけるとなると別ですが。

ワイヤーストリッパーは、オリジナルのキーボードを作るための、自由に分割できる基板である無限の可能性やSU120を使って作業を行う場合に、ワイヤの被覆をはがす際に重宝します。

 

 ニッパーやカッターを使って被覆をはがしている方もいらっしゃるかと思いますが、きれいにはがれませんし、はがれたとしても場合によっては芯線を傷つけ、切れやすい状況にしてしっまっているかもしれません。ワイヤーストリッパーを使えば、精度よく被覆はがしの作業ができます。

下の画像がワイヤーストリッパー本体です。刃先の部分に数字が書いています。これはワイヤの太さの規格である米国ワイヤゲージ規格(AWG)にのっとったワイヤの太さが書かれています。太さに合致するところの溝にワイヤーを差し込み、ぐっと握ってワイヤーを引っ張れば作業完了です。 

f:id:TALPKEYBOARD:20200622112709j:plain

 細かく数字が書いています。精度も非常に高いです。

f:id:TALPKEYBOARD:20200622112732j:plain

AWGの各数値と実寸法の対比表です。わからなくなったら測って確認できます。日本製はこういうところがやさしくてうれしいです。

f:id:TALPKEYBOARD:20200622112750j:plain

この工具は、性能もさることながら精度や質感もなかなかにかっこよいです。1200円ちょっとと安価ですので、ぜひ購入を検討するとよろしいのではないでしょうか。

それでは、よいキーボードライフを。

 

amzn.to

talpkeyboard.stores.jp