TALPKEYBOARD BLOG

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALPKEYBOARD BLOGでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、当店の独断と偏見で記してゆきます。

Keyboard-Switches DB - キースイッチのデータベースアプリ -

2021年3月19日に発表された面白そうなアプリの紹介です。Keyboard-Switches DBというandroid用のアプリです。iPhone用は開発中とのこと。アプリ名の通りに昨日はキースイッチのデータベースとなり、ざっと数えたところで60種以上のキースイッチが登録されているようです。私がAndroidを持っていませんので、まずはアプリページからの抜粋を記します。

以下が画面です。まずは各キースイッチのスペックが表示されています。2種類のキースイッチの比較ができるようです。

f:id:TALPKEYBOARD:20210322120951p:plain

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.lfkdev.keyboardswitchesdb&hl=ja&gl=US

キースイッチの画像の下にスピーカーの表示があります。

f:id:TALPKEYBOARD:20210322120608p:plain

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.lfkdev.keyboardswitchesdb&hl=ja&gl=US

フォースカーブの比較もできます。

f:id:TALPKEYBOARD:20210322120705p:plain

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.lfkdev.keyboardswitchesdb&hl=ja&gl=US

詳細説明もあるようです。

f:id:TALPKEYBOARD:20210322120733p:plain

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.lfkdev.keyboardswitchesdb&hl=ja&gl=US

各項目の脇に小さくソース元の記載がありました。以下の各サイトのデータを引っ張ってきているようです。いろいろありますね。

f:id:TALPKEYBOARD:20210322134523p:plain

https://twitter.com/TalpKeyboard/status/1373829538807877633

試しにフォースカーブの箇所に記載のあったHaataで検索。どうもInput clubの方のようで、さまざまな種類のキースイッチのフォースカーブを測定し、データを公開されていました。

chart-studio.plotly.com

Haata氏がいろいろとやっておられる事のリンク集です。

kiibohd.com

日本は、個々のキーボードを作ることについては人数も多く活発ですが、それぞれの構成部品に関する検証や環境整備が、あまり行われていないというのが、他の国とは異なっているかなと思っています。自作キーボードブームの当初から販売店があったという点が、却って阻害要因になってしまったかと、反省しきりです。

キーボードパーツの販売もある程度コモディティ化しつつありますので、少しずつ調査、研究、開発に軸足をずらしたいと考えています。こういう事を、日本発信でやりたいなというのが、私の夢でもあります。

アプリはこちらから。

play.google.com

 

 

talpkeyboard.net