TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

ポリマー粘土で作ったかわいいキーキャップ - Tiny succulent Keycap!

f:id:TALPKEYBOARD:20210415161314j:plain

https://www.reddit.com/r/MechanicalKeyboards/comments/mn2quw/tiny_succulent_keycap/

ゆるくてかわいいキーキャップです。とてもよい雰囲気のキーキャップ。こんな感じのっておもちゃやグッズのキャラ的にはあるんですが、キーキャップのキャラではいままでなかったと思います。

同じ作者の別の作品。

f:id:TALPKEYBOARD:20210415161413j:plain

https://www.reddit.com/r/MechanicalKeyboards/comments/mpg042/pineapple_keycap_any_suggestions_on_what_to_make/

パイナップル。かわいい。

どうやって作っているのか調べたら、スカルピーIIIという子供用のポリマー粘土を使って作っていますね。土台はDSAのキーキャップをそのまま使って、その上に粘土を使って造形しているようです。最後にオーブンを使って130℃で焼成して固めます。キーキャップごとオーブンに入れて大丈夫なの?と思いましたが、PBTの融点は232℃以上なので、PBTのキーキャップを使っているのだと思います。とはいっても少し怖いので、焼成の時は一旦キーキャップを抜いて焼成後にはめこんで接着したほうが無難だと思います。ただ焼成時に収縮してしまうとはめこみが難しいかもしれません..

 

227gで1867円だそうです。この他に有名なのはFIMOがあります。子供向けの図画工作用品がおいているホームセンターだったらあるかもしれません。以前この粘土でキーキャップ作れるかなと思ったのですが、キースイッチとの取り付け部分をきちんと作るのは大変そうだなと断念していました。PBTのキーキャップを埋め込むというやり方を知ったので、今度機会を見て再チャレンジしてみようと思います。

みなさんも機会があったらチャレンジしてみてください。でもキーキャップの素材には気をつけてください。PBTと表記のあるものでないと、熱に耐えられないと思います。ABSはすぐ溶けてしまいます。間違うとオーブンに悪影響を及ぼしたり、最悪火災の原因になりかねませんので、何卒ご注意ください。

 

talpkeyboard.net