TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

【INFO】キースイッチのピン曲がりの原因と対応について

f:id:TALPKEYBOARD:20210725143137j:plain

 

当店ホームページにも掲載していますが、こちらにも転記します。

キースイッチのピン曲がりについて、ご説明とお願いを以下に記します。

当店で販売していますCherryMXキースイッチとその互換キースイッチについては、キースイッチから2本の金属ピンが露出している構造です。この金属ピンは、スイッチ内で導通を行うパーツと一体となっています。薄く弾性を持っている為、非常に曲がりやすい構造です。特にピン側から見て右側のピンが薄く曲がりやすくなっています。

当店への納入時に全品ピン曲がりの確認は行っておりますが、どうしても輸送時の衝撃で曲がってしまうケースがございます。梱包材の製作を考えましたが、販売価格の上昇を招いてしまうことと、一般的にはバルク包装での販売がほとんどですので、簡易包装とさせていただいています。

もし、特に柔らかいほうのピンについて、単純に曲がっている場合は、指で押し戻して修正いただければ助かります。

もう片方の固いピンが大きく曲がり修正困難だったり、ねじれや歪みで修正や装着が困難な場合はお気軽にお申し出ください。納品日から大きく日数を経過していなければ、代品を送付いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

talpkeyboard.net