TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

TALP キーボードニュース (2021/6/4)

f:id:TALPKEYBOARD:20210606104450j:plain


当店は毎日、新製品を探すためにキーボードの情報を調べています。その際に、当店では取り扱わないのですが面白い商品やニュースを見つけたりします。今回はそれらを中心におよそ1週間分を紹介してゆきます。なお掲載商品は当方の独断と偏見で選んでいます。掲載順位については、キーボードキット、キーボード、キーボードパーツのカテゴリ順で、カテゴリ内の記事の順番は五十音順で記載しています。

 

 

キーボードキット

f:id:TALPKEYBOARD:20210604123938j:plainwings42 ベータ2

狭ピッチでロープロファイルキースイッチ搭載の42キー小型分割キーボードキット

¥9,500- (本体/BOOTH)

Kailhのロープロファイルキースイッチを使い、一般的なキーピッチより狭いピッチを実現している分割キーボードのキットです。ベータ版ですので、現在開発中の状況を楽しみながら制作できる方々向けですが、開発中だけあってロータリーエンコーダーやトラックボールのオプションもあり、チャレンジしがいのありそうなキットです。BOOTHで販売中です。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604093659p:plain

LHP14 rev1.0

アナログジョイスティック付き左手ゲーミングデバイス自作キット

¥4,000- (BOOTH)

Ortholiner(直交配列)のキーの右下にロープロファイルのキーが2つと、アナログジョイスティックが装着されている、左手ゲーミングデバイスの自作キットです。構成もとてもシンプル、ビルドガイドもしっかり書かれており、そしてお求めやすい価格なのが好印象です。BOOTHで販売中です。

  

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604110803p:plain KBDfans BLADE ALUMINUM 60% KEYBOARD CASE

不思議なデザインの60%キーボードケース

Sale price $99.00(KBDfans)

現在グループバイ受付中の60%キーボードケースです。気になっているのがこの形状。微妙にケース左右の形状が違います。このデザインが気になって仕方がありません。KBDfansショップサイトでグループバイ(共同購入)受付中です。

 

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210603204045j:plain PistachioPro

ブラックアルミボディのテンキーレス自作キーボードキット

¥26,000- (通常版/BOOTH)

ブラックのアルミボディにウッドを使った、オーディオのような落ち着いたデザインの自作キーボードキットです。フルサイズからの移行のしやすいテンキーレスの日本語配列です。ロータリーエンコーダーや気圧/気温/温度センサーなどの面白い機能も搭載されています。 キースイッチはホットスワップ対応。BOOTHでグループバイ(共同購入)受付中です。

 

 

 

キーボード

f:id:TALPKEYBOARD:20210604105103j:plain

Majestouch Convertible 2 HAKUA 英語配列モデル

ホワイトモデルに英語配列が登場

¥16,800-(テンキーレス)

4月に発売開始されたHAKUAに英語配列が登場です。フルサイズとテンキーレスで版販売され、複数種類の軸が選べます。またキーキャップの印字が天面ではなく前面にされているモデルもあります。ダイヤテックオンラインショップで販売中です。

 

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604103128j:plainRazer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed

65%サイズの小型ワイヤレスキーボード

¥22,780-(Amazon)

65%キーボードが新発売です。Razerメカニカルスイッチは押下圧50g/アクチュエーションポイント1.9mmのグリーンと、押下圧45g/アクチュエーションポイント1.2mmのイエローが選べます。1.2mmはすごいですね。キー配列は日本語英語、Nキーロールオーバー対応、接続は2.4GHzのワイヤレス、Bluetooth、USBの3種類。販売中です。

 

 

 

BOOTHのArtisanキーキャップ販売で気になったこと

最近はBOOTHでさまざまなArtisanキーキャップが販売されています。さまざまなデザインのものが、以前よりもずっと低価格で販売されています。販売の裾野が広がるのは大歓迎なのですが、少々気になるものもありましたので、気になる部分について簡単に記しておくようにします。

まずはキーキャップとして、キースイッチに装着できるかというのが大事だと思っています。装着できるかを判断するには、底面の作りを見る必要があります。ご自身がお持ちの(普通の)キーキャップと比較して、ステムの部分が歪んでないか、欠けていないか、全体的に厚すぎないかを、購入前に画像を見て確認すべきです。

Artisanキーキャップのステムの部分が歪んでいたり薄かったりすると、キースイッチのステムに入らない、または途中でArtisanキーキャップ側のステムが割れてしまうことがあります。Artisanキーキャップが全体的に厚すぎると、キースイッチのアッパーカバーと干渉してしまい、キーをうまく押し込めない事となります。またArtisanキーキャップのスカート部分が長すぎたり歪んでいると、これもキーがうまく押し込めない原因となります。

BOOTHで画像だけで確認するのは結構難しいのですが、有名な作家さんやベテランの方ですと、Artisanキーキャップの裏面の画像も掲載されています。おそらくそこも大事だとわかってらっしゃるのだと思います。底面が掲載されていない作品は、可能であれば作家さんに聞いてほしいとは思いますが、それがどうしても難しい場合は、側面から見て、スカート部分が歪んでいるか、シャキッと底面にくっついているかをみるとよいと思います。

もう一点は、既製品の普通のブランクキーキャップを販売している方がいます。BOOTHの規約違反になると思いますので、早晩BOOTHが対応するとは思いますが、当店や遊舎工房で販売しているブランクキーキャップと恐らく同じものを、倍の価格で販売していますので、ぜひご注意ください。

 

 

 

キーボードパーツ 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604115001j:plainEverglide キースイッチ おためしセット(Ver.1)

¥600-(TALPKEYBOARD)

複数のキースイッチがひとつずつ入ったおためしセットに、Evarglideバージョンが登場しました。Dark Jade、Oreo、Aqua King、Tourmaline Blue Cyan、Crystal Violet がひとつずつ入っています。TALPKEYBOARDで販売中です。

 

 

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604120108j:plainGateron Silver Blizzard Switches -(10個)

¥990-(遊舎工房)

遊舎工房で発売が開始されたGateronのカスタムキースイッチです。モノトーンがかっこいいです。ストロークが3.4mmと若干短いのが良さそうで気になります。DUROCKのボディによく似ています。JTK製でしょうか。遊舎工房で販売中です。

 

 

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604121058j:plainキーキャップ収納ケース

¥3,300-(遊舎工房)

これも遊舎工房で発売が開始されたキーキャップを収納するケースです。2段重ねで170個以上のキーキャップを保管できるそうです。これは問い合わせや要望も多かったのですが、いいものが見つからずな状況でした。ぜひみなさん検討ください。遊舎工房で販売中です。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604121815j:plainGherkin for the Raspberry Pi Pico(基板単体)

¥800-(TALPKEYBOARD)

Gherkin for the Raspberry Pi Picoとは名前の通りラズパイPicoを搭載するGherkinです。Kailhソケット搭載、ファームウェアはKMKを用います。TALPKEYBOARDで販売中です。

 

 

 

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210604122251j:plainDUROCK POM T1 Sunflower タクタイルスイッチ(グレー/イエロー/5ピン/67g/5個)ファクトリールブ済

¥600-(TALPKEYBOARD)

のDUROCK Full POMのタクタイルバージョンです。素材はケースがPOMで、ステムはFull POM同様に謎素材です..ステムの色はサンフラワー(ひまわりの色)です。DUROCKの方いわく、T1より深みを増した音になったとの事でした。TALPKEYBOARDで販売中です。

 

 

今回のニュースはここまでといたします。なるべく定期的にレポートしてゆきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

talpkeyboard.net