TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

Wolfgang Keyboard bench - メカニカルキーを使ったベンチ -

f:id:TALPKEYBOARD:20210509135718j:plain

https://www.coroflot.com/nolherbut/Wolfgang-Keyboard-bench

カナダのデザイナー Nolan Herbut さんの作品です。木製のベンチですが、よく見ると表面はファブリックではなくキーキャップで覆われています。その数2000個以上。

f:id:TALPKEYBOARD:20210509135732j:plain

https://www.coroflot.com/nolherbut/Wolfgang-Keyboard-bench

見事にキーキャップで覆われています。ホワイトとグレーを使い、美しいデザインに仕上がっています。しかもこちら、キーキャップをただ貼り付けているわけではありません。キースイッチが取り付けられるように表面を加工し、一つ一つキースイッチが取り付けられ、その上にキーキャップがはめこまれているのです。しかもこちら、メカニカルキーボードでしょうか。

 

 

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210509135744j:plain

https://www.coroflot.com/nolherbut/Wolfgang-Keyboard-bench

キースイッチの下は配線されていませんので、文字入力ができるわけではありませんが、腰掛けるとたくさんのキースイッチの音がなるという面白い仕掛けです。 しかしこの曲面にそって2000個のキースイッチがはめこめるように溝を作っているのは、なかなかすごい技術だと思います。

f:id:TALPKEYBOARD:20210509135756j:plain

https://www.coroflot.com/nolherbut/Wolfgang-Keyboard-bench

 制作風景。大変そうですね...

f:id:TALPKEYBOARD:20210509135809j:plain

https://www.coroflot.com/nolherbut/Wolfgang-Keyboard-bench

Nolan Herbut さんはその他に Keyboard Parts Lamp というタイトルで、吊り下げ式の照明も作っています。キーボードパーツということですが、このパーツは何でしょうか。ステムのような感じもします。

f:id:TALPKEYBOARD:20210509135918j:plain

https://www.coroflot.com/nolherbut/keyboard-parts-lamp

f:id:TALPKEYBOARD:20210509135930j:plain

https://www.coroflot.com/nolherbut/keyboard-parts-lamp

キーボードは、キーキャップをはじめとして同じ寸法の部品が多く集められるので、こういったデザインに使いやすいのかもしれません。

 

talpkeyboard.net