TALPKEYBOARD BLOG

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALPKEYBOARD BLOGでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、当店の独断と偏見で記してゆきます。

Licit MK2 Brass - 真鍮製キーボードケースの Group Buy が開始 -

f:id:TALPKEYBOARD:20210407103951j:plain

https://licit.ca/ols/products/mk2-brass

先日ここでお伝えした真鍮製キーボードケース Licit MK2 BrassのGB(Group Buy)が開始されました。念のためGroup Buyの説明を以下に引用します。

GBはGroup Buyの略です。日本でいうところの共同購入に当たります。この商品をまとめてかったら安くなるイメージです。こういったオリジナルデザインやカラーの場合、作ってもらえる最小ロットがあります。最小ロット分は販売のあてがついていないと、売れなかった場合に販売者は当然損をします。それを極力防ぐために、注文をとって数量を確保するやり方です。逆に当店のような店舗は損失リスクを抱えて在庫販売を行います。在庫をしていたほうが販売機会が増えるからです。

MDA SUMIキーキャップのIC(Interest Check)- 記事紹介とMDAの特徴とは - - TALPKEYBOARD BLOG

表面に加えて、前回わからなかった裏面の画像も掲載されていました。パネルにビス穴のようなものが見えます。 

f:id:TALPKEYBOARD:20210407103336p:plain

https://licit.ca/ols/products/mk2-brass

仕様に関しても記載がありました。真鍮素材はC360(日本でいう快削黄銅(C3604)を指していると思われます)を用いて、サンドブラストを行ってサテンフィニッシュに仕上げている、リストレスト部には厚さ1.5mmのアクリルを用いている、アングルは5.5度、重量は4ポンド(1.8kg)以上、だそうです。

価格は549.95カナダドル、日本円で約47,950円(2021年4月7日現在)です。

デザイン的には今までにないものだと思います。ただし画像がどれもCGに見えます。一度現物を見て判断してみたいなとも思いました。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210407103515j:plain

https://licit.ca/ols/products/mk2-brass

 

talpkeyboard.net