TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

Licit MK2 Brass - 真鍮削り出しのキーボードケース -

f:id:TALPKEYBOARD:20210329102001j:plain

https://licit.ca/

先週この画像を見つけました。大胆にもフレームだけ、手前の部分はハニカム上にくり抜いてデザイン的にもめずらしく、アクリルのようなプレートが載っています。かっこいいのですがCGのレンダリング画像のようです。これは何か調べてみました。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210329102048p:plain

https://licit.ca/

サイトを発見しました。Opening Soonと書いています。まだ色々な所が作成途中で、完成までしばらくかかりそうです。カナダのドメインです。

トップページにはいくつかの画像が掲載されていました。先ほどのケース。Licit mk2 Brassと書いていますので、真鍮製でしょう。まだコンセプトデザインに近い作り込みの状態ぽいかと思います。スケルトンのボディは今までみた事がありませんので、新鮮な印象を受けます。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210329102105p:plain

https://licit.ca/

別角度からのCG画像です。これには透明のプレートがないですね。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210329102120p:plain

https://licit.ca/

他に掲載されていた画像です。これまたすごいです。二段で固定する感じでしょうか。裏からみるとかっこいいパターンですね。江戸っ子の裏地みたいです。粋です。

f:id:TALPKEYBOARD:20210329102135p:plain

https://licit.ca/

外国のカスタムキーボードの方々って、日本語を多用しますよね。なぜでしょうか。皮のストラップでフタを留める、フタの素材は何でしょうか。削り出しだと透明度がでなさそう。射出成型だと面がゆるくなりそう。現物が楽しみです。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210329102221p:plain

https://licit.ca/

コンセプトモデルでしょうか。とにかくデザインが新鮮ですね。

みなさんはどう思われたでしょうか。細かい所が決まってなさそう、ゴミ入りそう、打鍵音が反響してうるさそうなど、ネガティブな意見も出てきそうです。私も結構ネガティブな評論を頭の中でしてしまっていました。

でも、こういうデザイン優先で、思いっきり尖っているのって、カスタムキーボードというカテゴリーの中では全然アリだと思います。スーパーカーはとてもかっこいいけど、乗りにくくて運転しづらくてうるさいです。そういう尖ったキーボードもあっていいと思いますし、ラグジュアリーなものもあっていいと思います。作る人の思いと使う人の思いは千差万別です。自分の枠に当てはめる必要はないと思っています。

というか、こういうのがなくなっちゃうと、キーボードの世界がまたつまらなくなりますので、ぜひ頑張ってもらいたいと思っています。

 

当店自作キーボードパーツを中心に販売しています。

talpkeyboard.net