TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

価格.com キーボードランキング1位の Apex Pro TKL JP ゲーミングキーボード

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185115j:plain

https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-pro-tkl

SteelSeries テンキーレスゲーミングキーボード
Apex Pro TKL JP ¥26,000- 税込

世の中でどのようなキーボードが売れているのだろうと色々と調べてみました。キーボードキットはありません。分割キーボードもありません。薄型メンブレンキーボードの中、いくつかメカニカルキーボードがある感じです。

そんなランキングの中、価格.com のキーボードランキングの1位に Apex Pro TKL JP というゲーミングキーボードがありました。RGB光り輝いています。なかなかの価格です。しかし評価ポイントは非常に高く、レビュー内容もすばらしい。

ゲーミングキーボードはこれまで遠目に眺めるだけでしたが、自作キーボードとゲーミングキーボードが云々などというツイートも見受けられたりしますので、そんなに評価の高いキーボードってどうなのか、勉強がてらカタログスペックを見てゆきます。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185130j:plain

https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-pro-tkl

キーキャップ浮いてます。光ってます。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185143j:plain

https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-pro-tkl

光ってます。マウスも光ってます。デスクマットが光るのはいいですね。北九州の若者の車はだいたいRGBLEDのテープを貼っていますので、同じような雰囲気を感じます。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328202925p:plain

製品のセールスポイントはこの5点です。基本的にわかりにくい日本語で書かれていますが、その中でも最初の2点がよくわかりません。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185231p:plain

非常に評価が高いようです。人生で最後に購入する究極のキーボードとまで書かれていますね。我々のエンドゲームは実は目の前のようです。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185250p:plain

35年以上前のメカニカルスイッチ発明以来の、とはCherryMXスイッチの事を指していますね。そうなんですよね、もう35年以上も経過しているものを改修しながら作りつづけ、そして数年前に特許が切れてからは、クローンが少量多品種で発生している状況です。CherryMXスイッチの構造は原始的で旧いので、そろそろ飛躍はしてしまってよいのではと思います。がどんな感じでこれは飛躍しているのでしょうか。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185304p:plain

うわ全然わかんない。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185317p:plain

少しわかりました。耐久性が倍。作動点が最短0.4mm。ちょいキータッチするだけで反応する。しかも最長3.6mmまで調整可能。レスポンスタイムの意味がよくわからないのですが、キースイッチが接点接触型のメカニカルスイッチではなく、基板とスイッチ間の電流量でオンオフを判断し、7億分の1秒ごとに全てのキーをスキャンしているのですごいんですという事のようです。間違っていたらごめんなさい。詳しくはこちら。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185330p:plain

オンを判断する電流量の閾値を変更する事で、作動点を最長3.6mmに変更できますということだそうです。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185404p:plain

有機ELスマートディスプレイ。これすなわちOLEDでした。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185427p:plain

5000番台は比熱処理のアルミニウム-マグネシウム合金でしょうか。そこそこかっこよくて加工がしやすい材料かなと思います。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185439p:plain

マグネットでくっつくのはありですね。こういうギミックはメーカー製キーボードの強いところだと思います。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185450p:plain

これ、有線接続の場合はとても大切ですので、特にメーカーの皆様は次期機種では必ず改良していただけると助かります。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210328185502p:plain

キーボードだけでなく、ヘッドホンとマウスとデスクマットまでイルミネーションを連動できるそうです。よく考えますね。感心してしまいました。

一通り見ていて感じたのが、ゲーミングキーボードと自作キーボードとの共通点は思っていたよりも少なく、今後さらに少なくなってゆくのだろうという事です。メカニカルキースイッチを使っている(使っていた)という所で大きな共通点はありました。ゲーミングキーボードは機能、性能を第一に考えての採用であり、そのために新しい光学式のキースイッチに移行してゆくのですが、自作キーボードやカスタムキーボードはそうではなさそうです。

またゲーム競技者は自分の道具であるキーボードを自分で作ることはほとんどしないと思います。そういう事を考えつつ、今後の技術の進み方を追ってゆこうと思いました。

 

こちらから購入できます。 

 

talpkeyboard.net