TALPKEYBOARD BLOG

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALPKEYBOARD BLOGでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、当店の独断と偏見で記してゆきます。

Monstargear lube station

f:id:TALPKEYBOARD:20210328120627j:plain

お安めなルブステーションを見つけました。Monstar Gearという韓国のキーボードショップで販売されています。23USD。素材はアクリル積層で、一番下の層が板となっています。このようなレイアウトになっています。

f:id:TALPKEYBOARD:20210328120601j:plain

https://www.monstargears.com/35?idx=157

それぞれの溝にキースイッチが5つ入るようになっています。数えやすそう。おそらく溝の幅はゆるめで、キースイッチを固定するよりも置いてある感じかと思います。

f:id:TALPKEYBOARD:20210328120644p:plain

https://www.monstargears.com/35?idx=157

それぞれの層のアクリルのくりぬきを工夫することで、深さを変えています。この作り方は面白いので、覚えておくようにします。

f:id:TALPKEYBOARD:20210328120713j:plain

https://www.monstargears.com/35?idx=157

ルブをしていて感じたのですが、部品皿があれば、ルブステーションをわざわざ購入して、個別に分解したキースイッチのパーツを並べて固定することは、そこまで特にしなくてはいいかと思いました。ただ最初にキースイッチにオープナーを押し付けて分解する時は固定できる台があったほうがよいのと、キースイッチのロアボディを台に置いておくと最後に組み立てやすいというのはあるかとは思います。

なので、入手するとしたらこの程度のものでちょうど良いかと思っています。これですが、安いアクリル板を入手したら、あとはレーザー加工機でカットするだけなので、簡単に作れそうです。作っちゃおうかな...

Monstar Gearのショップページを見ていたのですが、これまで見ていた欧米や中国とは違う、そして成熟したキーボード文化があるなと感じます。自作キーボードというよりも、いわゆるカスタムキーボードではありますが、品質のよい、考えられたケースを中心とした商品が並べられ、キースイッチなどのセレクトのセンスも非常に良いです。コロナが収まったら、一度韓国に勉強に行きたいなとは思っています。

商品ページはこちらからどうぞ。

www.monstargears.com

ルブとその関連は遊舎工房で販売されています。当店、ルブとルブステーションは売っていませんが、キースイッチオープナーとツールセットを販売しています。よろしかったらどうぞ。

talpkeyboard.net