TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

Datamancer - It's a steampunk world - レトロでスチームパンクなキーボード -

f:id:TALPKEYBOARD:20210306205136j:plain

https://datamancer.com/product/datamancer-telegraph-mouse/

DatamancerはSteampunkなキーボード、マウス、モニターなどを制作販売している会社です。素晴らしい存在感とルックス。他にはないオリジナリティを持っています。

こちらのTelegraph Mouseはモールス符号を打つための電鍵を模した形状です。電鍵を模しながらも、2ボタンとホイールは実装しています。木と真鍮と皮のマウスは、なかなか他にはないと思います。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210306205237j:plain

https://datamancer.com/product/datamancer-telegraph-mouse/

このキーボードもすごい。存在感があります。レイアウトは普通ですね。マウスの販売価格は995USD。価格もびっくりです。詳しくは以下をご覧下さい。

datamancer.com

f:id:TALPKEYBOARD:20210306205250j:plain

https://datamancer.com/product-category/?catid=/keycaps/

このTypewriter keycapsはタイプライター用ではなく、CherryMXのキースイッチに装着できるものです。現在国内で流通されているものはプラスチックの上にメッキを施していますが、これは金属を用いており、本物っぽさが違います。こちらは125USD。

f:id:TALPKEYBOARD:20210306205329j:plain

https://datamancer.com/product-category/?catid=/keycaps/

基本的にはUS104のセットですが、一部のモデルはErgodoxや60%レイアウトも選べるようです。ウッドボディのGherkinに使って頂いているお客様もいらっしゃいます。

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210306211541j:plain

キーキャップについては以下のリンク先をご覧ください。

datamancer.com

その他にもキーボード、モニタ、キーボードケースなどが販売されていますので、ぜひよかったらご覧になられると、日本との文化の違いに衝撃を受けるのではないかと思います。以下リンク先よりどうぞ。

datamancer.com

 

talpkeyboard.net