TALPKEYBOARD BLOG

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALPKEYBOARD BLOGでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、当店の独断と偏見で記してゆきます。

DUROCK FullPOM キースイッチ 分解

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230306j:plain

DUROCK Full POM キースイッチを分解しました。適当にスマホで撮影していますので画質はよくないですが、形状などを確認いただければと思います。後半でDUROCK L3リニアキースイッチも分解し、並べて撮影しています。比較して確認ください。

メーカーが記してある謳い文句とスペックはこんな感じです。

DUROCK Full POM Switches with Deeper sound Super Smooth Performance Linear Switch

Specifications:

  1. POM housing. 

  2. Mystery Material Stem

  3. 63.5g Gold-plated Spring 

  4. Style: Linear,  | 4mm Travel | 2mm Operating | 5 Pins | 50 million operations Click life

  5. LED styles: SMD and through-hole

  6. Gold-plated cross-point

  7. These 5 pins switches are also able to be used in plate mounted keyboard           with simply cut the 2 small plastic pins off.

  8. No Factory Lube

 

The Upper housing and Lower housing use selected imported POM materials.The stem is with upgrade design, and also uses a new mixed material, which is finally selected after hundreds of experiments and improvements.DUROCK POM Linear Switch is with Super Smooth performance, it is with a deeper sound to compare with our previous PC Top+Nylon Bottom series.

Advantages

1. Smoother performance even without factory lube

2. Deeper sound with the new materials

3. Optimized molds and design on details

 

正面アップ。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230326j:plain

トップハウジングの形状はリニアスイッチと変わらない印象です。外観は艶があり、確かに滑りが良いです。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230353j:plain

ボトムハウジングも同様。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230444j:plain

爪位置や形状も既存のDUROCKリニアスイッチとかわりはありません。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230514j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230548j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230614j:plain

ステムにやや傾きがあります。大きな傾きではないですが、どのキースイッチもそうでした。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230643j:plain

分解しました。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230706j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230731j:plain

ハウジングの形状は内側も既存製品と同じです。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230756j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230824j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230849j:plain

ピン類も変わりなし。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230910j:plain

スプリングの材質、サイズも他のリニアスイッチと変わりなしです。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225230942j:plain

ステム、横からみた分にはあまり変わってなさそう。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231009j:plain

ステム左右の、ハウジングにはまる溝の所が斜めになっていました。L3リニアキースイッチとの比較画像を参照ください。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231037j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231106j:plain

 

 

 

L3リニアキースイッチとの比較です。ハウジングの形状は変わらず。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231145j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231215j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231257j:plain

分解しました。ステムが若干異なります。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231323j:plain

 

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231353j:plain

左右の下部が斜めにカットされています。

f:id:TALPKEYBOARD:20210225231418j:plain

湯道の形状が異なります。ステムは別の金型で作っているようです。

以上、かなりざっくりな分解報告でした。商品詳細は以下をご覧ください。

 

talpkeyboard.net

 

追記

この記事のあと、きせのんさんより以下のコメントを頂きました。金型がアップデートされているようです。リンク先もあわせてご参考ください。きせのんさん、ありがとうございます。