TALP キーボードブログ

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALP キーボードブログでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、独断と偏見で記してゆきます。

TALP キーボードニュース (2021/7/24)

7回目のTALPキーボードニュースです。今週は当店の新商品がかなり多かったので、そちらを中心にお伝えします。

TALP キーボードニュース (2021/7/17)

今回もこの1週間でリリースされた新製品や新しい情報などをご紹介します。今週は60%キーボードがいろいろ熱いです。

TALP キーボードニュース (2021/7/10)

先週は1回お休みして、今回で5回目のTALPキーボードニュースです。今回はこの2週間でリリースされた新製品や情報などをご紹介します。

SU120で使うM1.4ナットを締める工具の紹介

SU120で使うM1.4のナットはかなり小さく、よい工具がありませんでした。Twitterで紹介されていた工具を紹介します。

Keeb Taro Youtubeチャンネルのご紹介(キースイッチの打鍵音比較)

Youtubeで自作キーボードを紹介するチャンネルは国内でも増えてきました。今回は打鍵音の動画が多いKeeb Taroさんのチャンネルを紹介します。

TALPキーボードニュース (2021/6/26)

こんにちは。4回目のTALPキーボードニュースです。この1週間でリリースされた新製品や情報などをご紹介してまいります。

TALPキーボードニュース (2021/6/19)

今回で3回目のTALPキーボードニュースです。今回は海外と自作とオープンソースな話題を多めにご紹介してまいります。

SU120でのスタビライザーの使い方

SU120には1カ所だけ最大2Uとして使える場所があり、スタビライザーも使えます。今回はこの情報を掲載します。

Trying to get a handle on ISO

OrtholinearでISO-Enterを使いたい場合、置き方に悩みます。ちょっとでっぱってますから。

TALPキーボードニュース (2021/6/11)

今回で2回目のTALPキーボードニュース、今回もキーボードキット、製品やパーツに関するニュースやトピックスをまとめています。

TALPキーボードニュース (2021/6/4)

当店は日々新製品を探すためにキーボードの情報を調べています。その際に見つけた面白い商品やニュースを定期的に紹介します。

A modified elephant42 stripped off some thumb keys

異国の地で作られた elephant42のキー数を減らしたバージョンの紹介です。

3D-printed "PCB" for solderless hotswap prototyping

はんだづけせずに制作可能な、3Dプリンタで作られたPCBだそうです。ホントに?大丈夫?説明します。

キーキャップを利用して作られたもののまとめ

これまでキーキャップを用いたさまざまなものをTwitterで紹介してきました。探せば探すほどいろいろ発見しましたので、こちらにまとめてみます。

Haven Studio - アクリル素材を重ねたキーボードケースの可能性

以前紹介したHaven Studioの新作です。クリアアクリルを重ねたケースですが、側面の形状が大変美しいです。

SU120 / te96 自作キーボード試作用基板を用いた作例の紹介

販売中の自作キーボード試作用基板SU120とte96の作例をご紹介します。

BrownSugar Flex - 可変分割型自作キーボードキット - のご紹介

この自作キーボードキットの最大の特徴は、いくつかのモジュールの分離と合体が可能で、状況に応じて形状を変えることができる、可変型分割キーボードであるということです。

KEY_TOYS_73 自作キーボードキットの紹介とビルドログ

私がしばらく愛用しているキーボードです。名前は KEY_TOYS_73 といいます。名前の通り73キーのOrtholiner(直交配列)の自作キーボードキットです。

車の不具合にルブと同じフッ素グリスを使った話

ずいぶん前になりますが、車の不具合を直すのにフッ素グリスを使ったことを思い出したので、書いておきます。

QAZ Keyboard のバリエーション - The Ave but it actually exists - と板金ケース自作について

少し前に、金属筐体(ステンレスでしょうか)の自作キーボードの画像を見かけました。外国の風景に合いますね。センスがあります。

ポリマー粘土で作ったかわいいキーキャップ - Tiny succulent Keycap!

ゆるくてかわいいキーキャップです。クレイ粘土を使って作っているそうです。その作品と作り方の紹介です。

QAZの新しいレイアウト - So much paperwork, so little time

小さくでかわいくておしゃれです。そして新しいレイアウトの考え方。利用頻度の少ないアルファベットキーを別に寄せてしまうのは、省スペースの考え方からするとありかもしれません。

裏地が粋なPro Micro - Puchi-C - Pro Micro replacement with USB-C and ATmega32U4

ドイツにあるKeycapassというショップが販売しているPro microの紹介です。裏地がとても粋だと思いませんか?

Lunakey Miniのキーキャップの色の意味は - 記事紹介-

Lunakey Miniを見ていて、キーキャップがカラフルだなとは思っていたのですが、その色分けに意味があるとは思っていませんでした。色分けの理由と定義などを理論立てて考えられていることがわかります。ぜひお読み下さい。

方眼工作紙とエアコンパテを使って作られた自由な自作キーボード

見た目は4x10のキーボードですが、何かが違います。ケースです。小学校の工作でよく使った方眼の工作紙、つまりこのキーボードのケース素材は紙です。

TrialBoard - 自作キーボード設計者のための検証用ボード -

今回紹介するのは自作キーボードではありません。自作キーボードを設計しようとする方々のための検証用ボード、TrialBoardです。

hatacrafts.studio wood and resin case - レジンとウッドでできた60%キーボードケース -

ウッドとレジンを組み合わせた美しいケースです。海外のhatacrafts.studioの作品で、65%キーボード用のケースとなります。

はんだ付けをせずに入門できる自作キーボード - 記事紹介 -

https://takkanm.hateblo.jp/ 自作キーボードを初めて購入される方の中には、はんだづけをやった事がない、またはやった事はあるけれど苦手という方々もいらっしゃるかと思います。 そういった方々の為にこちらのブログでは、はんだづけをしないで制作できる…

自作キーボード初心者向けのまとめ - 記事紹介 -

主にはんだごてを扱うことに不安を覚える自作キーボード初心者の方々向けの動画中心のツイート集のご紹介です。

Bronte 65% custom ergonomic keyboard - アクリル製の美しいキーボード -

BronteはオーストラリアのHaven Studioが作ったキーボードです。アクリルを重ねて作る美しいデザインをご覧ください。