TALPKEYBOARD BLOG

TALPKEYBOARDは、自作キーボードのためのパーツやキットを販売するショップです。TALPKEYBOARD BLOGでは、当店で販売している商品に限らず、また自作キーボードにもこだわらず、キーボードについてのさまざまな情報を、当店の独断と偏見で記してゆきます。

Haven Studio - アクリル素材を重ねたキーボードケースの可能性

以前紹介した Haven Studio が新しい作品をいくつか掲載していました。特にこちらに惹かれました。複数のクリアアクリルを重ねてケースを作っていますが、サイドのカーブが大変美しくデザインされています。

Bronte 65% custom ergonomic keyboard - アクリル製の美しいキーボード -

BronteはオーストラリアのHaven Studioが作ったキーボードです。アクリルを重ねて作る美しいデザインをご覧ください。

Matias Ergo Pro Keyboard - ALPS互換軸を搭載した分割型メカニカルキーボード

https://matias.ca/ergopro/programmable/ Matias Ergo Pro Keyboard (For PC) ¥27,601-(税込) Matias社はカナダのトロントにあるキーボードメーカーです。自作キーボードが趣味の方々でしたら、Matiasのキースイッチをお聞きになられた事があるかと思いま…

Sesame - Alice type ergo keyboard using only THT parts(自作キーボード)

SesameはAlice配列の自作キーボードです。特徴は電子部品が全てスルーホールのものを使っていて、それがデザインの一部となっている事です。

Kinesis ADVANTAGE2 エルゴノミックキーボード

ここでは、今の自作キーボードキットの形状の祖先となるようなキーボードを中心に、いくつかのキーボードを紹介します。

Perixx PERIBOARD-805ERGO - 安価な折り畳み式エルゴノミックキーボード -

突然ですが、私はモノを見たり触ったりするのが大好きです。モノの作りを通して、このモノはどのような意図で、どのようなユーザーに、何を提供したかったのかという想いが伝わってきます。ここにこだわったというポイントも伝わりますし、残念ながら妥協し…